『辞めたほうがいい清掃会社3選』 すぐに退職しましょう

  • 2021年2月23日
  • 会社
  • 1573View
  • 0件
困っている人

・時間の拘束が長すぎるから辞めたい

・人間関係がよくないから辞めたい

・給料が安すぎるから辞めたい

・汚い、きついしプライドが傷つくから辞めたい

 

ハウスクリーニング・清掃業を辞めたい理由として、そのほとんどが上記の内容だと思います。

 

我慢して働いていると精神的なストレスになり、その結果、身も心もボロボロになってしまいます。

 

そうならない為にも会社を辞めることをお勧めします。

 

ジャッキー先生
ではその理由を解説していきますね

 

 

辞めたほうがいい清掃会社 『拘束時間が長い、時間が不規則』

前の清掃会社では、とにかく拘束時間が長かったです。

 

時間も変則的なのは当たり前でした。

 

店舗の開店前や閉店後の作業になりますので早朝や深夜になるのは当たり前でしたが、残業がつかない固定給でしたから正直きつかったです。

 

やっぱり、どれだけ頑張っても報われないとモチベーションはあがらないですし、そのような気持ちで作業していますと決まってミスをしたりします。

 

長時間労働が常態化している会社は人が定着しないので、人の入れ替わりが多くなります。

 

でも仕事の性質上、早朝や深夜になるのは仕方ないですが、それが常態化していたり、それに見合った手当を渡さななければ人が続かないのは当然です。

 

常態化しているのにやり方を変えようとしなかったり、仕組みを変えようとしない会社はやはり社長の責任です。

 

そういった社長に限って自分はいい車に乗ったり、ゴルフや旅行に行ったりします。

 

そういう社員のことを考えていないような会社は、とっとと辞めたほうがいいです。

 

 

辞めたほうがいい清掃会社 『人間関係がよくない』

人間関係がよくないというのは別に清掃会社だけに限らずですが、要は価値観が合わない人がいる会社は辞めたほうがいいです。

 

全ての価値観が合う人はほとんどいないと思いますが、ただ根っこの部分の価値観が合っていないとうまくやっていくことは難しいです。

 

特に上司がそうだと最悪ですね。

 

私の例ですが、前の清掃会社では上司とは根っこの部分の価値観が合わなかったです。

 

根っこの部分は何かといいますと、お客様重視か利益重視かということです。

 

上司はやはり売上が大事ですから、利益を出すために作業時間を早く終わらせることをメインに考えます。

 

もちろんそれも大切ですが、一番にきてはダメです。

 

やはり一番はお客様が喜んでいただくように、真を込めて仕事をすることです。

 

その一番大切な根っこの部分の価値観が違いましたから、まず上司と合うことはなかったです。

 

根本がずれていますから。

 

やはり価値観が違うともめますし、価値観が合わないとバラバラになります。

 

その結果、価値観が違うから話し合いをしても無駄になります。

 

なのでそのような会社は先が見えていますから、とっとと辞めましょう。

 

 

辞めたほうがいい清掃会社 『給料が安すぎる』

これも別に清掃会社だけに限らずですが、給料が安すぎる会社は辞めたほうがいいです。

 

特にこの清掃業界は年収が低いほうです。

 

私も前の大手清掃会社では、42歳店長で手取り27万円でした。

 

時給換算したらとんでもない金額になったと思います。(おそらくバイトのほうが高かったような)

 

その当時、イチロー選手1打席の給料が120万円と言われていて、自分と比べて情けなくなった記憶があります。

 

ハリネズミ君
比べる相手、完全に間違えているよね
ジャッキー先生
ほっといてあげなよ

 

給料が安いと

✖ 安月給のためやる気が出ない→お客様に失礼

✖ 安月給のため副業をする→本業がおろそかになる

✖ 安月給のためお金を借りる→お金が回らなくなり精神的に追い詰められる

いいことは全くありません。

 

なので少しでもお給料がいいところに転職することをお勧めします。

 

もしくは自信があるのなら清掃業で独立してみてください。

 

軌道に乗れば、雇われているよりも確実に収入は増えますから。

 

 

・汚い、きついしプライドが傷つくから辞めたい

これは会社の問題でははなく、自分自身の問題になりますから『辞めたほうがいい清掃会社3選』とは異なります。

 

前の清掃会社のアルバイトの人で『汚い仕事ですし、もう少しまともな仕事に就きます。』と言って辞めた人がいました。

 

おそらく掃除の仕事=底辺と思っていたのでしょう。(底辺ではありませんが)

 

まともな仕事って何なんでしょうか?

 

スーツにネクタイを締めてする仕事ですか?

 

パソコンの前で仕事をすることですか?

 

人それぞれ価値観が違いますから仕方のないことですが、少なくとも私はこの仕事に巡り合えて幸せです。

 

話がそれちゃいましたが、汚い・きつい・底辺と思って仕事をしているのなら、辞めたほうがいいです。

 

 

辞めるときはどういった手順がいいのか?

上にあげた3選はすべて我慢した結果、精神的にストレスを抱え心身に支障をきたす可能性があります。

 

そうなる前に逃げることが大切です。

 

辞めても次がどうなるか分からないし不安だと思うかもしれないですが、体調を壊してからでは遅いです。

 

自分の身を守るためにも逃げる勇気が大切です。

 

こんな会社だと思わなかったと間違いに気づいたら逃げてください。

 

ジャッキー先生
つらい思いをする必要はないからね

 

 

では辞める手順ですが、心身の状況で変わってきます。

 

・労働環境が辛いのに我慢して仕事をする必要はありません。すぐにその会社を辞めましょう。
・失業保険をもらいながら体調を治し、自分を大切にしてくれる会社を探してください(日本の会社は400万社あります)
・次の職場を決めてから辞める。
精神的にまだ余裕があるなら次の職場を決めてから辞めるのがベストです。
他の会社の面接など受けてみると自分の会社を客観的にみることができます。
そうなると就職活動にも余裕がうまれ、次の会社選びに失敗する可能性も下がります。

 

 

辞めたいのに辞めれない場合はどうすればいいか

会社を辞めるのには体力がいります。

 

ましてや、心身ともに限界がきている状態で上司や社長と話をするのはつらいものがあります。

 

・これが一番手っ取り早いです。ただし今まで築いてきた信用は一気になくなりますし、何も言わずに辞めた罪悪感がありますから、長い間引きずる可能性はあります。
・私はこれが一番おすすめです。キャリアアップや別の業種に転職することは正当な理由です。うそを言ってのちのち面倒なことになるのなら、正直に伝えるほうが堂々と生きていくことが出来ます。
・何を言っても辞めさせてくれない会社がたまにあります。そういったときは退職代行サービスを使うのも一つの方法です。労働者の退職したい意向を、退職代行業者が代わりに会社に伝え、退職に必要な事務的な手続きを代わりに行ってくれるというサービスです。金額は2,3万ほどかかります。

 

 

さいごに

『辞めたほうがいい清掃会社3選 すぐに退職しましょう』の記事はいかがでしたでしょか?

 

私も前の会社の上司とは価値観が合わなかったので、かなりしんどかったです。

 

しかも人に厳しく(特に私に)自分にチョー甘い人でしたから。

 

でもその経験があったから、『いろいろ気づけたり』『人にやさしくできたり』少しはできるようになったかなと思います。

 

私は精神的に強いので心が病むことはなかったですが、今思えばかなりのブラック企業だったと思います。

 

もしこれを読まれている方がブラックの会社に勤めていて、精神的にもつらい状況でしたらすぐに逃げてください

 

そんな会社にいてもろくなことはありません。

 

次の会社を選ぶときは『会社の理念』をきちんと実践している社長や上司かどうか。

 

そこを見極めて、きちんと実践できていればいい会社だと思います。

 

ジャッキー先生
いい会社に巡り合えたらいいね

 

今回はこれでおしまいです。

 

この記事を参考にしていただけたら幸いです。

 

最新情報をチェックしよう!